肩の痛み・腕が上がらない時の整体・針灸の流れ

問診・検査で、突き止めた原因に対して、無痛整体とはり治療を行います。

多くの場合、痛みを感じる場所だけの治療では、十分な効果が出ません。

鍼は、気の流れ(自然治癒能力=治る力)を良くして、治り易くする為のツボ(肘から先・膝から下)に
針を行います。

整体は、体の反射を用いて行いますので、全く痛みを感じません。
(マッサージと整体は異なります。当院ではマッサージはしません。)


治療の前後で、腕の上がる角度・首のゆがみ・筋肉疲労を確認し、効果の測定をします。

治療の間隔は、自覚・腕の上がる角度・筋肉疲労の3つを指標にして決めます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0