五十肩 体操

五十肩体操は行う時期が肝心
五十肩の回復に体操が有効な時期と逆効果の時期があります。

五十肩でイタミが激しい五十肩の急性期 体操は×
なぜならは、五十肩の急性期は別名炎症期
腫れれている所を無理に動かせばイタイのは当然ですね。
五十肩の急性期は体操より安静と冷却にて、早く炎症を治める

五十肩体操は慢性期以降に行いましょう。

五十肩体操の慢性期での注意点
五十肩の慢性期では、動かさなければ肩の痛みはないが
不意に腕を高く上げるなどすると肩が痛む状態なので
痛みを感じる動作はまだ避けましょう
五十肩の慢性期では、痛みを感じない範囲での体操が五十肩の回復へ有効


五十肩の回復期での体操
これは、読んで字のごとく五十肩が回復へ向かっている時期なので
積極的に、アイロン体操などの五十肩に有効とされる体操を行いましょう
五十肩の回復期の特徴は、肩・腕を動かしても痛くないが動かないこの動きの悪さを改善するために可動域訓練としての五十肩体操行いましょう。
まだ、運動でなく体操です。いきなりゴルフ・水泳など無理をすると肩関節に炎症がおき
五十肩のぶり返しがないとも限りません。

五十肩 体操まとめ
五十肩の体操は、急性期・慢性期・回復期に応じて
適切な強度での五十肩体操を行いましょう。

間違った、五十肩体操は時期によっては五十肩を悪化させるケースも



電話 045-306-2312
〒246-0014 神奈川県横浜市瀬谷区中央16-21   水・日休診 
平日 9:00~11:00 1:00~19:00 土曜17:00


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック