頑張れNHK 「食べて治す」はいい番組でした。

何かと話題のNHKですが、昨日の「食べて治す」はすばらしい内容でした。
免疫の半分は、小腸に免疫が集まっているので
点滴栄養補給を長期投与のみでは、全身免疫力が下がり
感染症にかかりやすくなる

栄養不足になり、筋トレをしても筋肉を作るエネルギーが不足する

経口で食事再開した患者さんの目の輝き
笑顔素晴らしかったです。

スポンサーに気を使う民放では、作れない内容の番組ですよね。

だって、点滴減らして・栄養士さんと医師が同等に
それぞれの専門化として話し合い
そこに、看護師・臨床検査技師・薬剤師さんが加わり
患者さんの為に話し合う
これでは、スポンサーは限られますよね

それより、薬漬け・ジャブジャブ点滴のほうが 製○メーカー
儲かりますよね。

これでいいのか?

儲け主義でなく・真の患者さんのための
医療・患者さん中心の医療を見ました。

もうそろそろ、みなさん おもいっきり○○テレビや○○大辞典をみて
ごく一部の人に有効な極端な健康法?
卒業しませんか?

この記事へのコメント

こうのとり
2005年10月27日 21:31
この番組の東口先生の講演をきいた。
「食べて治す」がみたいと思った。だれかダビングして

この記事へのトラックバック