横浜市瀬谷区の整体・鍼灸院

横浜瀬谷の五十肩が得意な整体・針治療院

アクセスカウンタ

zoom RSS 腱板炎・五十肩の違い

<<   作成日時 : 2013/05/25 11:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

腱板炎・五十肩の違い

腱板炎は、痛くても反対の手で支えれば、上まで上がる。

五十肩は、固まってしまい、上まで上がらない。


腱板炎が長引くと、上まで上がらなくなることもある。

五十肩は、正式病名が肩関節周囲炎。

上腕二頭筋炎・腱板など、肩に起こる病気がないが、腕が上がらなくなり、固まってしまう場合、
五十肩と診断される。


腱板炎は、使い過ぎが原因なので、安静と、腱板の炎症・腕の動きを見ながら、リハビリ。

五十肩は、原因が不明だが、ホルモンバランスや体の歪みが原因のこともある。

五十肩も時機を見てリハビリ。


腱板炎は、無理にあげれば上まで上がる、使い過ぎが原因。

五十肩は、無理にあげようとしても上がらない、原因は不明。
四十肩・五十肩の得意な、鍼灸・整体治療院

テーマ

関連テーマ 一覧

完全電話予約制:電話 045−306−2312

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平日:9:00〜19:00 土曜:18:00 休診日:水・日
腱板炎・五十肩の違い 横浜瀬谷の五十肩が得意な整体・針治療院/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる