横浜市瀬谷区の整体・鍼灸院

横浜瀬谷の五十肩が得意な整体・針治療院

アクセスカウンタ

zoom RSS 五十肩治療 整形外科はどんな治療?

<<   作成日時 : 2006/10/11 22:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

五十肩治療整形外科では五十肩にどんな治療するの?

五十肩で悩むと、五十肩経験者から色々アドバイスもらい五十肩の闘病記効きますよね。


(例えば)
○整形外科での五十肩治療で良くなった。
○整形外科では五十肩治療ゼンゼン効かなかった。
など


これは、五十肩治療を受けた整形外科の医師の技量によるもの?

どこの整形外科に行けば五十肩治るの?

こんな疑問ありますね。


まずは、整形外科で行われる五十肩治療について解説しましょう。


ここで注意が必要なのは、整形外科=外科(手術などの処置)が得意これを頭の隅に入れて進んでくださいね。

整形外科での五十肩治療の前の診断

問診(痛みの種類・痛みを感じる時)

可動域検査(腕・肩の動く範囲の測定)

この2つで、ほぼ五十肩治療の検査は終わりです。


エッ!レントゲンは

レントゲン検査は”骨”の異常を確認するための検査ですから、問診と可動域検査であきらかな五十肩と診断がつく場合レントゲン検査行わない整形外科医が多いです。


では、五十肩治療で整形外科によってはレントゲン検査を行うのはなぜ?

除外診断の為です。

五十肩とは、病名ではなく 肩に病的変化が無いにもかかわらず腕が動かない・肩が痛いなどの症状を伴うものを指しますので除外診断として、レントゲン検査が必要だと医師が判断すれば検査します。
(五十肩の中で痛みの激しい、石灰沈着型はレントゲンで石灰が認められます。)

整形外科での五十肩診断まとめ五十肩以外の明確な病気が無いかどうかレントゲン検査を行い特に、病的所見が無い場合五十肩と診断される。

整形外科で行われる五十肩治療
投薬・シップ・リハビリが基本ですね。

痛みが強く夜も眠れない五十肩では注射をすることも

ここまで読まれて、賢明な方は気づいたと思いますが五十肩は外科的処置を伴わない疾患(病気?)です。

五十肩治療で整形外科で手術をした聞いたことありませんよね。

五十肩整形外科医の診察を受ける目的は
五十肩治療よりも他の病気が潜んでいないかの除外診断です。


五十肩だと自己診断を行い様子を見ていたら他の病気で手遅れなんて事のないように肩の痛みが続くときは整形外科医の診断を受ける必要があります。

では、五十肩の治療は? 
時期が来るまで治らない?
痛くてもムリに動かす?
など


五十肩の治療に関しては色々な情報が混乱しています。

五十肩は、適切な時期に適切な方法で治療を行うのがポイントです。





完全電話予約制
水・日 休診
電話 045−306−2312

平日9:00〜19:00 土曜17:00

横浜市瀬谷区中央16−21
相鉄瀬谷駅徒歩5分 海軍道路入り口









四十肩・五十肩の得意な、鍼灸・整体治療院

テーマ

関連テーマ 一覧

完全電話予約制:電話 045−306−2312

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平日:9:00〜19:00 土曜:18:00 休診日:水・日
五十肩治療 整形外科はどんな治療? 横浜瀬谷の五十肩が得意な整体・針治療院/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる